平成30年4月に、「無期雇用転換ルール」が発動されます。

これは、平成25年に改正された雇用契約法によるもので、有期雇用契約を通算して5年間を超えた場合、その者の申し出により無期雇用契約へ転換しなければならない、というものです。
この雇用契約法の改正が行われてから通算5年が経過するのが、今年の4月だというわけです。

この無期雇用転換ルールには、特例が設けられています。
その特例とは、専門的知識等を持つ有期契約者や、定年後継続して雇用する有期契約者の場合、無期雇用へ転換しなくてもよい、というものです。
ただし、この特例を適用するには、労働局長の認定を受ける必要があります。

今、勤務期間が通算で5年を超えそうな有期契約者はいませんか?
もし、いるとしたら、その方を無期雇用へ転換する準備はできていますか?

無期雇用へ転換するためには、無期雇用転換について就業規則に定めたり、どのような条件で無期雇用にするのかなどの検討が必要です。
また、有期雇用から無期雇用への転換となると、その条件によっては、「キャリアアップ助成金」の受給ができるかもしれません。
無期雇用転換ルール発動まであと3ヶ月弱。
今のうちに、ご検討くださいね。