よく聞かれることがあります。
「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」「アルバイト」何が違うんですか?

雇用契約をすると、従業員の立ち位置として、いろんな呼び名があります。
そして、それぞれの違いって、よくわからなかったりしますよね。
今回は、この違いについて少し解説してみましょう。

まず、「正社員」。
これは、会社の正規雇用者のことで、フルタイムで勤務する者。
そして、福利厚生や賞与・退職金などの待遇がフルで受けられる社員のことでもあります。
また、雇用契約の期間が定められていないため、途中で退職すると申し出ない限り、定年まで雇用されることになります。

では、「契約社員」はどうでしょう?
契約社員は、正社員と違い雇用契約の期間が定められている者のこと。
もちろん、契約更新もあり得ますが、契約期間満了と同時に契約解除となる可能性もあります。
今は法改正により、契約更新により5年を超えて継続雇用している契約社員は、正社員に転換することになっています。
通常は正社員に比べ、退職金がなかったり、賞与がなかったり、待遇面でも差が付けられていることが多いです。

「派遣社員」はわかりやすいですね。
派遣元会社で登録・雇用されている人を、派遣してもらい仕事をしてもらう人のことです。
直接雇用しているわけではないので、事業主が負う責任も少し軽くなります。
例えば、派遣社員の社会保険は派遣元で加入しますし、賞与や退職金も負担することはほぼありません。
その代わり、同じ業務に対し同じ派遣社員を使うことは、3年までと決められています。

では、分かりにくい「パート」と「アルバイト」の違いは?
基本的に、パートの方が長期間雇用する見込みがある場合が多いです。
そして、この二つの違いは、その程度の違いしかありません。
パートが、主婦層に対して使うのに対し、アルバイトは学生層に対して使うことが多いですよね。
学生は、長くても3年~4年で辞めることがほとんどですので、最初から長期的に働いてもらう予定がありません。
パートもアルバイトも、労働時間は人によって違いますし、個人に対応した労働条件を決めやすい、というメリットがあります。

これから人を雇用したいと考えている事業主さん。
それはどんな業務で、どんな条件で働いてもらいたいですか?
そんなことを考えるための、参考にしてくださいね。