仕事が忙しく、誰かに手伝ってもらいたい・・・。
そう思った時、雇用契約だけでなく、請負契約を結ぶというのも一つの方法です。

では、雇用と請負の違いって何でしょう?

一番の違いは、「相手を従業員として扱うか、事業主として扱うか」というところでしょう。
雇用というのは、相手を従業員として契約し、どこでどれだけの仕事をしてもらい、給与をいくら支払うのか、について契約するものです。
この契約には、労働基準法という法律の縛りが発生し、雇用保険や社会保険などの補償が発生することになります。
そして所得税の計算も、年末調整という形で会社が行い、従業員が自分で何か手続きをする、ということがほぼありません。

一方、請負というのは、相手を事業主として契約します。
どんな仕事をどのくらいの報酬でしてもらうのか、について契約します。
この契約においては、両者は対等です。
どんな内容であっても、両者が合意すれば問題ありません。
相手は事業主ですから、当然、自分の所得について確定申告を行い、税金を納める手続きが必要です。

では、請負契約の形式をとっていながら、時間や場所、働き方などのこまかい指示を出している場合。
実態は雇用であるとみなされます。
そうなると、後からさかのぼって、雇用保険や社会保険などの加入が必要になったり、最低賃金や時間外労働に該当する部分の支払いが必要になったり・・・。
会社にとって大きな損失を出すことにもなりかねません。
ですから、雇用にすべきか、請負にすべきか、の判断は慎重にする必要があると思われます。

では、どのような基準で判断すべきなのでしょうか?

まずは、相手がどんな働き方を望んでいるのか、を知ることです。
雇用により安定した仕事を希望している人に対し、請負契約をしたら不安に感じますよね。
そうなると、労働基準監督署などに通報され、偽装請負だと言われることにもなりかねません。

逆に、自分のやりたい仕事のやり方がある人に対し、雇用契約をしたら不満を持ちますよね。
ですから、相手がどんな風に働きたいのかを、必ず確認してください。

実は先日、1件の相談を受けたのですが、新しく入る人を雇用契約するか請負契約にするか、で迷っていらっしゃる方でした。
今回の場合は、相手がいずれは独立することを希望し、そのための準備段階として仕事をするとのことでした。
ですので、相手の方のモチベーションを下げることがないよう、請負契約を結ぶことをお勧めしました。
雇用も請負も、人と人が結ぶ約束です。
お互いの希望や主張を知ることが、良好な契約関係につながると思います。