突然ですが、御社に就業規則はありますか?
「ウチは従業員数人しかいないし、必要ないでしょ。」なんて思っていませんか?

実は、就業規則って、ただ勤務条件を書くだけのものではないのです。
上手に活用すれば、会社の業績アップにもつながるのです。

キチンと労働環境を整えることで、従業員のモチベーションがアップします。
そして、会社の業績がアップすることになります。
業績がアップすれば、また従業員のモチベーションが上がります。
事業の拡大も夢じゃなくなるかもしれません。

もちろん、労働基準法に違反した内容は書けません。
しかし、事業主がどのように働いてほしいのか、を主張することができます。
そして、会社を守るお守りとしての効力すら持つと、私は考えています。

では、すでに就業規則を作ってあるという社長さん、その就業規則、どこに保管してありますか?

会社内の本棚?
社長の机の引き出し?
金庫の中?

私が今までにお会いしてきた、社長さんの意見で多かったのは、「従業員に見られて、いいように権利を主張されたら困る・・・。」というもの。
そのため、従業員が勝手に見れないよう、金庫の中にしまっていたりします。

しかし、労働基準法では、就業規則は「常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付すること等の方法によって労働者に周知させなければならない」としています。
要するに、従業員が見たいと思った時に見れる状態にしなければならないのです。

そんなお話しをすると、躊躇したり、渋い顔をされる社長さんもいらっしゃいます。
しかし、規則を見やすい場所に置くのは、会社のためなのです!

従業員との雇用契約では、お互いの権利と義務が発生します。
実は、従業員にとっての権利は、労働基準法で決められていることばかり。
規則に書いてあろうがなかろうが、守らなければいけない権利なのです。
そして、今は情報社会。
権利について知りたければ、インターネットでいくらでも調べられるのです。

一方、労働基準法では、従業員にとっての義務が書かれていません。
遅刻をしない、会社の物を私用に使わない、守秘義務を守る・・・・。
そんな義務の数々は、労働基準法には一切書かれていないのです。
では、どうやって義務を守らせるか?
就業規則に書き、周知し、義務を自覚させるのです。
そうすると、「規則を知らなかった」と義務を怠る従業員を減らすことができるのです。

「いつでも見られる状態=いつでも義務を確認できる状態」。
そう考えたら、毎日でも就業規則を見てもらいたくなりませんか?
ぜひ、就業規則を作ったら、いつでも誰でも見られる場所に保管しましょうね。