政府が打ち出している「働き方改革」を受け、労働基準法が改正されることになっています。
その内容としては、
①時間外労働に上限規制がされます。
②年次有給休暇の時季指定が義務付けられます。
③フレックスタイム制の見直しがされます。
④高度プロフェッショナル制度が導入されます。
これらの詳しい内容については、順次、法改正情報に掲載いたしますので、ご覧くださいね。