平成31年4月から、国民年金加入者の産前産後期間の保険料免除が施行されます。
今までは、厚生年金に加入している方の産前産後期間の保険料免除はありましたが、国民年金でも同様の免除制度が導入されることになりました。
免除期間は、出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間です。ただし、双子などの多胎妊娠については3か月前から6か月間となります。
この免除制度を利用する場合は、所定の届出書が必要となります。