<平成29年10月1日改正>

育児休業期間は、原則、子が1歳に達するまでとなっています。
ただし、保育所に預けられないなどの理由がある場合、1歳6か月までの延長が可能でした。
この延長期間が、最長で「子が2歳に達するまで」に改正されました。
それに伴い、雇用保険から支給される育児休業給付金の支給期間も延長されることになります。

この改正の背景には、保育所への入所時期が年度初めにあるために、子が1歳6ヶ月に達する日が年度途中にあると、保育所入所もできず、育児休業も取れない期間が発生していたことがあげられます。
今回の改正により、保育所入所が確定するまでの期間、育児休業が取れることになり、育児休業からの復職のタイミングを自分で選択しやすくなるのではと思われます。